INSIGHTS

アシックス株式会社: 注目よりアクティブになりつつある日本の活動投資家

2020年2月12日

アレックス・ガブリッシ ュ(エタロンキャピタル”Story Investing”著者)

多くの投資家は、どの企業が活動投資家によってターゲットとされるかを予測することが可能か自問します。そうする動機は理解できます。まず、活動家が加わると、彼らは積極的に企業に影響を与え、ビジネス価値が株価に反映されるように全力を尽くします。

 

さらに、活動投資家や大規模なヘッジファンドによる株式所有権の開示により、企業の株式が上昇していきます。将来のターゲットを特定することで、投資家にさらなる優位性を与え、リターンを改善できます。イギリスの経済学者ジョン・メイナード・ケインズはこのように言っています。:

 

これは活動家が行えるでしょうか?その場合、どのように出来るのでしょうか?

 

調査会社Activist Insightsのレポートの1つで提案されている解決策は、正しい方向へのステップです。 Activist Insightsの研究者は、投資家が将来の活動家のターゲットを予測するのに役立つ可能性のある重要な要因をほとんど見つけられませんでした。これらの要因には、最近の株価パフォーマンス、企業の自己資本利益率、組織の所有権、活動家キャンペーンで知られるヘッジファンドの存在があります。

 

しかし、これは知的な投資家には十分ではないと思います。活動家がターゲットとする企業の機能をリバースエンジニアリングするのは、「遡及的な」データマイニング手法だからです。これらの要因と機能は、確かに全体として正しい方向に向けることを示しています。しかし、活動家やヘッジファンドを引き付けるのは、これらの要因や特性そのものではありません。

 

それは真逆です。活動家とヘッジファンドは企業に引き付けられ、それはある特定の特徴を持っていることから起こります。価値とは何かの定義は差し置いて、活動家は依然として投資家であり、大部分は価値投資家です。

 

したがって、ターゲットとする企業のシェアがうまく機能していないことは驚くことではありません。株主資本利益率はさらに問題があります。誰が株主資本利益率の低い企業を選ぶでしょうか?この要素を使用する必要がある場合は、自己資本利益率が高い企業を選択すべきです。

 

簡単に言えば、意思決定プロセスでこれらの要素を使用することにしたとしても、実行には非常に問題があります。

 

問うべき質問は、何が実際に活動投資家を引き付けるのか?です。市場のすべての効率性にも関わらず、活動投資家やヘッジファンドマネージャーの小集団が素晴らしい投資アイデアを出し続けていることはなぜ可能でしょうか?これらの機会が消えないのはなぜでしょうか?

 

優れた投資運用マネージャーは同時に良いストーリーテラーだと思います。良い投資を行うには、財務会計の分析、複雑で詳細な評価モデルの構築、企業の将来の収益性予測、「死ぬほど」数値分析に優れたスキルが必要であると多くの人が信じています。

 

私の本「Story Investing」では、最高の投資は良いストーリーや映画のようなものだと主張しています。三部構成のストーリー構造、重要な転換点、陰謀、ドラマ、驚きです。このアプローチのハイライトのひとつは、企業とその株価を歴史的観点と将来的観点の両方で開発する提案です。口頭で常識的な数字の説明を提供するだけの問題ではありません。

 

活動家は、問題・発展・解決の三つの部分からなるストーリー構造を定義するのに特に優れていると思います。これにより、企業にとって安全な投資テーマを作成できます。そしてもちろん、彼らは解決部分の始めに列車に飛び乗ることを目指しています。

 

株式会社アシックス(東京:7936)の株式は、プライベートエクイティのバイヤーや活動投資家にとって非常に魅力的だと思います。

 

まず、株式は13.7倍のEV / EBITDA(2018年度)で妥当な評価で取引されています。

 

第二に、現在、ナイキ、アディダス、プーマなどの競合他社に対して大幅な割安価格で評価されています。株式会社アシックスの株価売上高比率(P / S)は、平均約2.85で取引されているピアグループと比較して、わずか0.79です。

 

第三に、過去7年間の株式会社アシックスの累積売上高増加率はわずか11%でしたが、これらの競合他社は平均60%増加しました。

 

そして、当然のことながら、株価パフォーマンスはこれらの競合他社と比べて完全な大惨事です:株式会社アシックスの株式は、競合他社(ナイキ、アディダス、プーマ)の同じ期間の平均累積株価リターン330%と比較して、7年間の累積(配当なし)で12%のみを還元しました。この期間、TOPIX指数は約100%上昇しました。

 

EBITDAマージンも競合他社と比較して非常に低いです。そして、これらすべてに加えて、アシックスは純負債が少ないクリーンなバランスシートを持っています。

 

これまでのところ、これらの特性を見ると、アシックスがプライベートエクイティファンド、活動投資家、または単なる価値のある投資家のレーダーに乗っている可能性があることは明らかです。

 

しかし、私が信じる投資テーマの最も重要な部分は、企業の特性ではなく、小売スペースにおける過去数年間の発展とそれらが提示する機会です。過去数年間の閉店数は前例のないものでした。この状況を活用できる小売業者のビジネスを成長させる絶好の機会があります。今がまさにアシックスにとってそのような機会の瞬間であり、それを利用してより積極的な成長戦略を実行しないことは大きな間違いです。

 

活動投資家またはプライベートエクイティの所有者は、企業をこの方向に押し進めることができます。